アルコールの構造と分類

岡野の化学(23)の復習が終わりました。
確認した内容は、1分子中に含まれるヒドロキシル基の数による分類“価”と、ヒドロキシル基と結合した炭素原子に他の炭素原子が何個結合しているかによって分類する“級”です。

以前の動画で勉強した内容ですが、定着していないため再度調べました。今回は、株式会社 文英堂の参考書“シグマベスト 理解しやすい化学Ⅰ・Ⅱ”の説明が理解しやすかったのでノートに重要事項を抜粋しました。

分かりやすく説明するための工夫(図説)や、文章などの表現が、資料やテキストによってかなり違うことに気付きました。自分の好みは別として、分からない事に関しては、様々な情報を得ることでイメージを膨らませていこうと思いました。

炭素数の少ないアルコールは、親水性のあるヒドロキシル基の影響が大きく水によく溶ける。
炭素数が多くなると、疎水性のあるアルキル基の影響が大きくなり、水に溶けにくくなる。

shirosamu について

2019年12月からレバレッジ特許翻訳講座の受講を開始。短大(英文科)、美容専門学校卒の40代後半の女性。宿泊施設フロント→美容師→販売員→2019年4月から技術系の社内翻訳に従事。理数系科目は小学校の高学年で挫折したが、在宅翻訳者で前職以上の収入を得るという奇跡を起こしたい。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です