学習履歴

昨日は動画にてアドバイスいただきありがとうございます。ノート作成するとき詰めて書く癖があるので若干改善しました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

学習履歴

蛍光と燐光、基底状態と励起状態、磁気量子数と磁場について調べました。
磁気量子数は岡野の化学のNO:80~86あたりでノート作成したものも見返しています。理解不足のため対訳作業からは遠のいています。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

学習履歴

顕微鏡の種類、蛍光顕微鏡の仕組みを調べ、電磁波について復習しました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

学習履歴

昨日の続きです。ヒトの表皮細胞の観察に最適な波長の範囲について説明されていました。
訳文を確定しようと思ったのですが、蛍光顕微鏡、吸収フィルター、励起フィルターなど、顕微鏡の構造や仕組みを理解していないため全く判断できません。
明日は対訳作業を中断して蛍光顕微鏡の勉強をします。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

学習履歴

【背景技術】の続きです。原文/訳文/DeepLの文章を比較しながら内容確認しました。
“皮膚のスペクトル”や“広い励起波長の範囲で”という表現が出てきました。
明日意味を調べます。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

学習履歴

【背景技術】の冒頭部のみ内容確認しました。
引用文献(Fellner, Arch. Dermatol. 112:667-670,1976)の内容は、ヒトの皮膚は真皮と皮下脂肪で鮮やかな緑色の自家蛍光(Autofluorescence)というものでした。
明後日続きをやります。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

学習履歴

米国の特許明細書を読んでいます。
本文の冒頭部(技術分野より前)に This application is a continuation of Ser. XXX~と記載があり、継続出願(continuation application)という文書であることが分かりました。ネット情報では、出願が拒絶された場合、審査官に再度審査を依頼するための出願、と説明がありました。米国特許の書籍は持っていないので1冊購入します。

明日は技術背景を読みながら訳文を確定していきます。技術内容は、蛍光鉱物を含む化粧品組成物です。発光現象の説明は岡野の化学(80)1:25:00~で数分間の説明があり、その他、橋元の物理でも勉強した記憶(蛍光ではなく、りん光)があります。どの回だったか探せませんでしたが、路面の道路標示が夜間光り続けるという現象です。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

学習履歴

対訳学習の進捗です。先週から化粧品の明細書を読み始めました。
原文が英語、日本語の対訳があったため、内容を調べながらエクセルとトラドスの用語ベースに単語を登録中です。昨日この文書が日本国内で拒絶査定を受けていたことに気付き(和文は特許公報ではなく公開特許公報でした)、別の題材を探しなおそうかと思いましたが興味のある分野なので内容理解と用語収集に取り組みたいと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

学習記録

岡野の化学107~110を視聴しました。動画NO:110からは苦手なモルの計算問題に入りました。連休中に克服したいと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

学習記録

岡野の化学105、106を視聴しました。結合の種類と分子の極性は、有機化学で学習した内容と共通する部分が多いので復習する良い機会となりました。グラフェン、CNTについてはネットで資料収集しています(専用のノートとファイルを用意しました)。

カテゴリー: 未分類 | コメントする