押し入れデスクを断念

在宅勤務と講座の勉強、両方が支障なく継続できるよう、押し入れデスクを作りましたがかえって作業環境が悪化したため再度模様替えをしました。

私の自宅の個室は1戸建ての2階、南西側に位置する和室ですが、午後になると気温が上がり、押し入れのふすまがないと屋根からの熱気が部屋に入り込んでしまうことに気付きました。

この時期、午後の室温は28~29度、真夏になると毎年33~34度になり、エアコンと扇風機をフル活用しないと部屋では過ごせない状態になります。在宅勤務が今後も続くことを想定すると、押し入れに頭を突っ込んで長時間作業するのはちょっと危険だと思いました。

昨日、在宅勤務用の机を1点購入し、既存の机(勉強用)の脇に設置してL字デスク風にしてみました。押し入れ空間は金属ワイヤーの本棚を購入して、書籍やファイル、ノートやコピー用紙などのストック、PCデバイスを収納しました。部屋の模様替えは時間も体力も要するので滅多にしませんが、今回は目的(仕事と勉強)に合わせた専用の空間に変えることができました。今後もその都度必要な投資や方針変更を躊躇なく行いたいと思います。

写真手前の新しいデスクには会社PC(デスクトップ&ディスプレイ2枚)を設置します。講座の勉強の際にはA4サイズのノート作成にも十分なスペースなので作業効率が上がりそうです。

shirosamu について

2019年12月からレバレッジ特許翻訳講座の受講を開始。短大(英文科)、美容専門学校卒の40代後半の女性。宿泊施設フロント→美容師→販売員→2019年4月から技術系の社内翻訳に従事。理数系科目は小学校の高学年で挫折したが、在宅翻訳者で前職以上の収入を得るという奇跡を起こしたい。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク