ギ酸

岡野の化学(30)を視聴後、価電子、電子軌道のエネルギー順位とギ酸について調べました。ギ酸については、酸化されやすい性質を利用した触媒の研究が産総研で行われていました(ノートに貼り付け)。
今更ですが、有機化合物の性質や反応は電子の偏りによるものだということが徐々にわかるようになってきました。
講座受講前に読んだ「化学のドレミファ」では、原子や分子の結合を分かりやすく説明するために“手”を書いて表現されていましたが、自分が真っ先にイメージしていたその“手”がようやく電子として理解できるようになってきました。

ノート4冊目に入りました。
ノート、コピー用紙、スティックのりはネットで安く大量注文を検討中です。

shirosamu について

2019年12月からレバレッジ特許翻訳講座の受講を開始。短大(英文科)、美容専門学校卒の40代後半の女性。宿泊施設フロント→美容師→販売員→2019年4月から技術系の社内翻訳に従事。理数系科目は小学校の高学年で挫折したが、在宅翻訳者で前職以上の収入を得るという奇跡を起こしたい。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です