プロトン

複数の陽子(proton)と中性子(neutron)から成る原子核(nucleus)の周りを電子(electron)が動き回っている、というのが原子(atom)の構造でした。

陽子と中性子は総称して核子と呼ばれていますが、その中にはクオーク(quark)という6種類の素粒子が存在しています。電子にもレプトン(lepton)という6種類の素粒子があることを知りました。

講座ノート以外にも仕事用に手帳サイズのバインダー式ノートに調べたことを書き溜めています。先月のページには、共鳴、合成開口レーダー、デンドリマー、分子の自己集合、ヘテロ接合、応力腐食割れ、など、その時学んだことを記しているのですが、今日改めて目を通してみると書いた内容がほとんど記憶に残っていないことに愕然としました。

記憶に留めるための工夫として、図説や絵を加えて書いたことが無駄にならないようにしたいと思います。

講座用のノートは経済的なルーズリーフにしようか検討中です

shirosamu について

2019年12月からレバレッジ特許翻訳講座の受講を開始。短大(英文科)、美容専門学校卒の40代後半の女性。宿泊施設フロント→美容師→販売員→2019年4月から技術系の社内翻訳に従事。理数系科目は小学校の高学年で挫折したが、在宅翻訳者で前職以上の収入を得るという奇跡を起こしたい。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す